アンジェリーナ・ジョリーの寄付

アンジェリーナ・ジョリーが西サハラの難民キャンプに住んでいる15万以上の難民のために10万ドルを寄付。


アンジェリーナ・ジョリーは、食料援助に依存している西サハラの難民15万5000人のために国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と世界食料プログラム(WFP)に10万ドルの寄付を行った。


同難民はモロッコが1975年、西サハラを併合して以来、同難民キャンプに住んでいる。


アンジェリーナ・ジョリーはこう話す。


「私はみんなに西サハラの難民が直面している窮状を知り、何か自分ができることをして欲しいと願っています」(アンジェリーナ・ジョリーの声明から)


アンジェリーナ・ジョリーは2001年8月、UNHCRの親善大使に任命されて以来、精力的に難民問題に取り組んでいる。


アンジェリーナ・ジョリーは2001年8月、アフガニスタン難民に100万ドル、そして今年5月にミャンマー難民に10万ドルの寄付を行った。


アフガニスタンの難民に100万ドルの寄付を行った時、「たくさんの脅しの手紙を受け取った」とアンジェリーナ・ジョリーは語った。


テロ攻撃で世界貿易センターが崩壊し、米の多くの俳優・歌手などエンタテイナーが犠牲者の家族に寄付金を行った。


しかし、アンジェリーナ・ジョリーが同年9月18日、アフガニスタンの難民に100万ドルの寄付を行った時、彼女は「たくさんの脅しの手紙を受け取った」と語っている。




Copyright (c) アンジェリーナ・ジョリー. All rights reserved.


アンジェリーナ・ジョリーTOPへ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36854880

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。